〈カーツ〉
サポートダイヤル(平日10:00〜12:00、13:00〜17:00・土日祝休み):0120-807-064
〈カーツ〉ホーム サポート ブログ お問い合わせ
パワーサプライ〈カーツ〉とは ウェアラインナップ 〈カーツ〉ご購入方法 よくあるご質問 トレーニング方法 ショップリスト
<カーツ>ホーム > 加圧トレーニングとは > 加圧トレーニングのメカニズム
加圧トレーニングの世界

加圧トレーニングとは
加圧トレーニングのメカニズム
加圧トレーニングの効果
成長ホルモンとは?
トレーニングのメリット
安全かつ正しい加圧トレーニング


お問い合わせ


〈カーツ〉は加圧トレーニング専用に開発されたウェアです
「加圧トレーニング」のメカニズム:
血流を適度に制限して「ハードな運動時と同じ筋肉の状態」を作り出す。だから、成長ホルモンの分泌が促進される。

「加圧トレーニング」は、カラダに本来備わっているメカニズムを利用した、日本発世界初のまったく新しいトレーニングメソッドです。
ポイントは、腕・太腿の付け根を適切な圧力で締めることで、血流を適度に制限すること。
これにより、筋肉はハードなトレーニングをしたときと同じような状態になり、成長ホルモンの分泌が促進されます。
つまり、従来のウエイトトレーニングなどでは、高い負荷によってしか得られなかった効果を、より短時間、軽い負荷の運動で得ることができるのです。それが「加圧トレーニング」なのです。しかも、実際に重い負荷をかけているわけではないので、筋肉組織が破壊されることが少なく、関節や靱帯にかかる負担が軽く済みます。

step1腕、太腿を加圧(ベルトで締める)します。 体内の変化1血流が適度に制限され、毛細血管が活性化されます。

加圧によって適度に血流を流れにくくするだけで、血流を止める(止血する)わけではありません。

動脈から新しい血液が流れ込んでいく一方、静脈から血液が戻りにくくなります。腕・脚に血液が多くなり、普段は使われていない毛細血管にまで血液が流れるようになります。

step2約10分間、軽い運動をします。 体内の変化2乳酸が溜まりだし、成長ホルモン分泌の促進がはじまります

加圧した状態で10分程度、筋繊維や関節を痛めない“軽い負荷の運動”をする。

疲労物質である乳酸が溜まり出します。この状態を脳が感知すると、成長ホルモンの分泌の促進がはじまります。

成長ホルモン 乳酸
体内の変化3乳酸などの代謝物が蓄積します。

筋肉中には乳酸などの代謝物が蓄積され、運動終了時にピークに達します。これは重いウエイトを持ち上げるなど、高負荷トレーニングを長時間した後と同じような状態です。

step3除圧(ベルトを緩める)します。 体内の変化4成長ホルモンの分泌が活発になります。

運動終了後、ベルトを緩め、血流を制限していた圧力を取り除き、血流を元通りに流れやすい状態に戻します。

「加圧トレーニング」開始直後から成長ホルモンの分泌が活発になりますが、トレーニング終了から約15分後に、その分泌量はピークに達します。

  体内の変化5成長ホルモンが、脂肪を分解し、筋肉をつくります。

成長ホルモンは血流に乗って全身に運ばれ、「加圧トレーニング」開始から約1時間後に、体脂肪を分解しはじめます。また、2〜3時間後から筋肉合成が始まり、1〜2日かけてゆっくり進行します。

遊離脂肪酸

血流を適度に制限する…。それが「加圧トレーニング」の原理です。

<カーツ>の特徴は専用の加圧ベルトで腕や太腿の付け根を加圧して、血流を適度に制限できるということです。決して、血流を完全に止め、止血するわけではありません。実際に加圧をすると、加圧された腕や手の平は赤くなります。それは、普段使っていない毛細血管にも血が行き届いたからです。一方、<カーツ>を使用し、加圧した状態で運動をすると、軽い運動にも関わらず、普段使用していない筋繊維までもが広範囲に活動し、筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積されます。筋肉がこのようなストレス状態であるという情報が脳のホルモン中枢を刺激し、脳の視床下部で成長ホルモンが分泌されるのです。この成長ホルモンの分泌量は加圧しない場合よりも多くなります。血流によって運ばれた成長ホルモンは全身に行き渡り作用するので、血流を制限した腕や脚だけでなく、全身の脂肪を分解し、筋肉をつくってくれます。

■体脂肪の減少や筋肉の増加などの効果については個人差があります。 

ページトップへ
COPYRIGHT(C)ZENOAH.Inc ALL RIGHTS RESERVED 会社概要このサイトについてプライバシーポリシーサイトマップ

株式会社ゼノア